2013年08月28日

フランチャイズ メリット

フランチャイズのメリットですが、コンビニ店舗の商品仕入れを例にあげます。

コンビニの店舗の前に、そのチェーン店のトラックが停車して荷物をおろしているのを見かけますが、これは、店舗に商品を配送している様子です。

つまり、各店舗では、本部の配送センターなどに、商品名と数量を告げれば配送されてくる仕組みになっています。


本部では大量の食料品などを購入していますから、スケールメリットから仕入れ値も低く抑えることができ、それはフランチャイズの店舗にとっても有り難いことです。
posted by フランチャイズ at 12:35| フランチャイズ メリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

ドトール フランチャイズ

ドトールは国内に1100店舗を展開しているが、将来的には3000店舗を目指しているようです。

フランチャイズ契約に際しては、年齢や性別は問わず、事業主の経営理念を理解してくれることと、初期費用を負担できることが条件、営業時間や休日は店舗をとりまく環境によって調整可能になっています。

多くの店舗で感じることですが、アルバイトの方が数名で店をきりもりしている場合が多いという印象ですが、スタッフの教育とマネージメントはオーナーの仕事のようです。
posted by フランチャイズ at 13:43| ドトール フランチャイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

マクドナルド フランチャイズ

日本国内で3000店舗以上を展開するマクドナルドですが、そのうちの約6割がフランチャイズによる店舗展開で、オーナーの数は200名を超えているそうです。

マクドナルドでは、本格的な研修システムを取り入れており、店舗運営に関わる様々なスキルを身につけるために6〜12カ月の研修期間を設けています。


マクドナルドがフランチャイズを推進する理由は、人件費や食材価格の値上がりなどで直営店の運営コストが上昇しており、コストを抑えながら店頭での売上高を増やすということにあるようです。
posted by フランチャイズ at 22:13| マクドナルド フランチャイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
フランチャイズ」の先頭へ


SEO対策済みテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。